HOME>エイズ

HIVとAIDS(エイズ)の違い
HIV…免疫システムを破壊していく潜伏期間
AIDS…HIVの感染が原因で生じる病気の総称

原因

HIV(Human Immunodeficiency Virus=ヒト免疫不全ウイルス)が、感染者の精液・膣分泌液・血液・母乳を通して、他の人の粘膜や傷口から体内に入り込むと感染の可能性がある。
※日常的な接触では感染しない。

潜伏期間

治療をしない場合、感染から発症まで平均10年間と考えられている。

症状

感染初期にはかぜに似た症状が出ることがあるが、多くの場合長期間(平均して10年くらい)自覚症状はない。

そのため…無症候性キャリア
他人に感染させる可能性がある。
感染しているかは検査を受けないとわからない。

無症状の状態が続いた後、急激な体重の減少、著しい寝汗、下痢などの症状が現れることがある。

病気が進行すると免疫機能が低下し、健康なときにはかからないような様々な感染症や悪性腫瘍にかかってしまう。

診断と治療

感染を早く発見して治療を受ければ、カクテル療法など複数の薬剤を使う治療を受けたり、全身の管理を行うと病気の進行を抑えられるようになってきている。

今のところ根治薬は開発されていないが、新薬の研究が続けられている。

性行為感染症


性感染症とは
クラミジア感染症
淋病
性器ヘルペス
梅毒
エイズ
B型肝炎
尖形コンジローマ
毛じらみ
膣トリコモナス症
膣ガンジタ炎

サポート


相互リンク
お問合せ

COPYRIGHT(C)
性感染症どっとこむ
ALL RIGHTS RESERVED.